泡が上質で気持ち良い洗顔石鹸¢yotsubatofigure¢

banner

合成界面活性剤の洗浄力

2014-04-19

自分の肌に合う洗顔石鹸をお探しの方は、石鹸に配合されている成分などにも注目してみましょう。固形の石鹸なら合成界面活性剤は使用されておらず、肌に害がある物は含まれていない事が多いので安心ですが、洗顔フォームなどはそういう成分が使われていますので、敏感肌の方には注意が必要です。

yotsubatofigure1

合成界面活性剤は、洗浄力があるのですが、その分肌に刺激が強く、すすぎ残しがあるとシミになってしまうという事もありますので、充分に気を付ける必要があります。可能であればこういった有害な成分は含まれていないものを使っていただいた方がいいのではないかと思うのですが、香料や着色料なども有害ですので、あまり気にしていなかった方も今後の為にチェックするようにしてみて下さい。

皮脂は残して優しく洗う

個人的には完全無添加の洗顔石鹸がオススメです。無添加は洗った感じがしないという方もいらっしゃいますが、肌に必要な皮脂は残して優しく洗うというのが特徴ですので、その辺りについては理解していただきたいと思います。洗顔は美肌作りの基本です。

しっかり洗えている感じがしないという事も気にするべき点ではありますが、天然成分にも汚れを吸着する力に優れているものなどもありますから、汚れ除去成分に注目しながら選んでみるのもいいかもしれませんね。

Author

  • 名前:さくや
  • 性別:男
  • 年齢:32歳

実年齢 + 7歳が見た目年齢、中学時代からそう言われ続けて10年目、老け顔32歳のさくやです。 おっさんみたいな見た目ですが、顔に似合わない高音の美声が出せます。 カラオケ行ったら、顔モザイクかけれて声だけ聞けば確実イケメン、そんなことを言われます。 顔モザかかってイケメンとはいかに・・・。
洗顔石鹸というと、やはり固形の石けんをイメージします。フォームやクリームなどに比べて、ややつっぱるくらいの洗い上がりのさっぱり感が魅力です。

画像

yotsubatofigure4

yotsubatofigure1

Copyright(c) 2014 泡が上質で気持ち良い洗顔石鹸¢yotsubatofigure¢ All Rights Reserved.