泡が上質で気持ち良い洗顔石鹸¢yotsubatofigure¢

banner

形状だけでは洗顔石鹸かどうか分からない

2016-05-18

顔は毎日洗うのですから、洗顔石鹸に関しては使いやすいものを利用するのが一番いい方法になります。
固形のものを使いやすいと感じている人もいれば、クリーム状のものの方が使いやすいと感じる人もいるでしょう。
ただ、石鹸は固形のものを指していると考えている人もいますが、液体石鹸のように固形ではないものにも石鹸は存在するのです。
ですから形状は使いやすいものを選べばいいのですが、それが洗顔石鹸と呼ばれているかどうかは気にする必要があります。

成分によって石鹸では無い場合がある

石鹸には汚れを落とす為に、界面活性剤が含まれています。
この界面活性剤が合成界面活性剤の場合には、石鹸と呼ばれることはありません。
では合成界面活性剤の場合にはなんと呼ばれているかというと、合成洗剤と呼ばれているのです。

ですから見た目では石鹸かどうかという判断は難しく、含まれている成分をしっかりと確認しなければなりません。
ただ、洗顔石鹸と呼ばれているものに関しては、石鹸ですから合成界面活性剤は使われていないことになります。
肌に優しいものを選ぶ時の判断基準として、しっかりと石鹸と呼ばれているかどうかを気にすることは大切なことなのです。

洗顔石鹸ではなく洗顔フォームのような呼び方をされている商品の場合には、合成界面活性剤が使われている可能性が高くなります。
洗顔フォームでも肌に合えば良いのですが、敏感肌の人などは刺激が強い場合もあるので試してから使うようにしましょう。

Author

  • 名前:さくや
  • 性別:男
  • 年齢:32歳

実年齢 + 7歳が見た目年齢、中学時代からそう言われ続けて10年目、老け顔32歳のさくやです。 おっさんみたいな見た目ですが、顔に似合わない高音の美声が出せます。 カラオケ行ったら、顔モザイクかけれて声だけ聞けば確実イケメン、そんなことを言われます。 顔モザかかってイケメンとはいかに・・・。
洗顔石鹸というと、やはり固形の石けんをイメージします。フォームやクリームなどに比べて、ややつっぱるくらいの洗い上がりのさっぱり感が魅力です。

画像

yotsubatofigure4

yotsubatofigure1

Copyright(c) 2014 泡が上質で気持ち良い洗顔石鹸¢yotsubatofigure¢ All Rights Reserved.